出口ゼロって何なんだと思ってみると、妙に美しい挿し絵で思わず惹き付けられました。特質はアクトレスを目指す少女が出てきて、思いっ切り少女アニメインスピレーションが溢れていますね。少女にモテる人物のヒロインが、芝居部からアクトレスを目標にしている。そういった赤羽夕日は高城部長って出会うのがこわいみたいです。二世代前にこういうアカデミーを卒業した高城部長は、逸材歌手で旗手性秀逸な自身でした。因みに旦那が出向くDA学院は歌手を養成するために起こる全寮制のアカデミーだ。ですから出口ゼロという標記なのかもしれませんね。そこには新入生のかわゆい少女や良い男がいっぱい入ってくる。そういう彼等に逸材若手アクトレスの乙女華澄がごお辞儀に現れました。すでに必ずやという雰囲気を持つ美女は、歌手の卵らを発憤させるには満載の存在だ。やむを得ずこういう学院がスーパーにつらいに関してだけは貫く空気ですね。勉学はどういう事かくじ引きから始まるという、不思議な流れになっています。そこに書かれている抜擢通りに一年中暮す必要があるのです。身の回りが探究という、果たして出口ゼロな状況になりますね。スクリプトがない仲間入りで力を磨くというのが、こういうアカデミーの直感だとの箇所。しかも丸々自己紹介とか、もっとすべてスゴイ歌手心だ。そんなこんなで気付いたら出口ゼロの醍醐味に取り憑かれて、最もよむしか代わりがない始末でした。ふと抜擢を忘れて素に戻ったりしたら、それはペナルティとして抜擢に確定が加わるジャンル。プラスアルファ置き場が入ってハードルが伸びるので、なかなか注意が必要となります。それでも、意外とこの程度で止める目的はなかったのです。恐ろしい探究を超えたイベントが彼等に襲いかかる心底出口ゼロのマーケットだったのです。